特集

「都内共通入浴券」でお得に銭湯を楽しんじゃおう!

特集
スポンサーリンク

こんにちは、俺の銭湯です。

突然ですが、都内共通入浴券というものはご存じでしょうか?

私はかなりの銭湯マニアで、どんなに忙しくとも最低週一回はどこかしらのお気に入り銭湯を訪れています。都内にはお洒落な銭湯も多く、サウナブームも影響してか銭湯に訪れる人が増えた気がします。

今回は、そんな銭湯を愛する方々へ是非ともおすすめな「都内共通入浴券」についてご紹介します。

 

都内共通入浴券とは?

都内共通入浴券とは、東京都内の公衆浴場(銭湯)で使える入浴回数券(大人用)のことです。

東京都の銭湯組合が継続利用者(よく銭湯を利用する人)の料金負担軽減を目的とした、一回ごとに払うより少しお得な回数券を発行しています。

都内共通入浴券

電車の切符より少し大きいぐらい

回数券と聞くと、クーポンや遊園地の一枚ずつ切れる奴のようなものをイメージしていたので、初めて購入したときの感想は『思ったより小さい!!」でした。

 

どこで買えるの??

都内共通入浴券は、都内の銭湯で直接買えます!

私はいつも通っている近くの銭湯のフロントで「共通入浴券をください!」と伝え購入しております。

正確には、「東京都公衆浴場業生活衛生同業組合」に加盟している銭湯で購入ができ、使用することができます。ですが、都内のほとんどの銭湯がこの組合に加盟しているのであまり心配はいらないと思います。

いつも通っている銭湯や、これから訪れてみようと思っている銭湯で実際に共通入浴券が使えるかどうか心配な方は、直接電話で聞いてみると安心ですね。

 

都内共通入浴券の値段

都内共通入浴券の値段は、10枚セットで4,400円()になります。※2020/02/1現在の価格

 

増税により、公衆浴場の入浴料は現在470円(税込)ですので、一回あたり30円お得になる計算です。

当然ですが10回通うと通常より300円お得100回通うと3,000円お得になります!

週2回銭湯に通う方は、単純計算で年100回ぐらいは銭湯を訪れているかと思いますので、銭湯ヘビーユーザーにこそおすすめな共通入浴券なわけです。

 

購入にあたり注意すること

・有効期限に注意

都内共通入浴券には有効期限があります!有効期限が過ぎてしまうと、その入浴券は使えなくなってしまうので注意が必要です。

有効期限については購入時期により異なるので、購入の際にフロントなどで確認してください。

 

・サウナ料金は別払い

共通入浴券に含まれるのは入浴料のみになります。サウナが別料金のところは、共通入浴券とは別にサウナ料を支払う必要がありますのでご注意を。

 

まとめ

お風呂は毎日入るもの。家のお風呂もいいですが、がばっと足を伸ばせてくつろげる銭湯にはついつい通っちゃいますよね。

「塵も積もれば山となる」というように、銭湯によく通う方は是非共通入浴券で得しちゃってください!浮いたお金で風呂上りの一杯なんてのも最高ですね。