実はマナー違反!?銭湯での基本マナーをわかりやすくご紹介

特集

日本の古き良き街の銭湯

最近では若い方にも人気の銭湯で、老若男女問わずリラックスできる場ですよね。

 

そんな銭湯も立派な公共の場。みんながこれからも気持ちよく過ごせる空間として、場面ごとのマナーをご紹介します!

 

場面ごとの銭湯マナー特集

 

【浴室】での銭湯マナー

・かけ湯

かけ湯の役割は「体の汚れ落とし」「急激な血圧変化防止」など
汚れた体でいきなり湯舟に入ってしまうと、お湯を汚す一番の原因になってしまうのでかけ湯はとても大事なんです!

 

・歯磨きや爪切り

スーパー銭湯などでは、浴室の洗面所に歯ブラシが備え付けられているところもありますが、
街の銭湯では基本歯磨きや爪切り、痰を吐くなど他の方が不衛生だと感じることはNG!

 

・寝ころばない

広い銭湯だと解放感に癒されてゴロン、気持ちはわかります、しかし、だいの大人が寝そべればそれはもう邪魔です。
寝ころぶときは寝湯か備え付けのリクライニングチェアかで。

 

【脱衣所】での銭湯マナー

・湯上り前の仮り拭き

脱衣所に戻る前には、小タオルで体の水気を軽く拭きましょう。
脱衣所といえど、床がびしょびしょではせっかくリラックスできて帰る際の気持ちも台無しです。

 

・ドライヤーの持ち込み

これ、知らない方は結構やりがち
銭湯のドライヤーは無料で備え付けてあるところもあれば、3分10~20円のところも多い
ちょっとした節約や使い慣れたものがよくて自分のドライヤーを持って行っちゃうと怒られます。
まぁ、電源を勝手に借りるわけですし、皆さんが使う公共の場ですから。ドライヤーは備え付けのものを使いましょう!

 

・大きい荷物はフロントへ

フロントにて一時預かりしてくれます。
脱衣所は着替えたりと何かとひとりひとりがスペースを使うもの
貴重品や着替え以外でもし預けられるものがあればフロントの方へ相談してみましょう

【サウナ】での銭湯マナー

・サウナは別料金

一部の銭湯で無料のところはありますが、ほとんどのところはサウナは別料金です。
サウナに入りたいときはしっかりサウナ料金を支払いましょう。NOサウナ泥棒!

 

・びしょびしょの体で入らない

サウナに入る前には、タオルで軽く水気を拭きましょう!
水風呂から直接サウナの気持ち良さはわかりますが、サウナ室の床や座る場所がびしょびしょでは
衛生面や気持ち的にもいいものではありません。

 

・NO筋トレ

たまにサウナ内で筋トレやっている人いますが、、やめましょう
汗も飛び散るし、サウナこそ静かに入りたい方が多い空間なんです。
常連だからなどは関係なく、節度を持った行動を心掛けましょう。

 

・水風呂前は汗を流す

サウナで火照った体を冷ます為、すぐに水風呂に飛び込みたくなりますがちょっと待った!
サウナでいっぱいかいた汗は一旦シャワーなどで軽く洗い流してから水風呂に入りましょう。
そうすることで、水風呂も清潔に保てますし、急激な温度変化による体への負担も軽減されます。

 

【その他】の銭湯マナー

 

・いくら同性とはいえ…

必ず隠せ!とまでは言えないですが、大胆すぎる開脚など目のやり場に困るような恰好や行動は控えましょう。
節度を保った裸の付き合いこそ、日本人の心遣いですね。

 

・小さなお子さん連れの方

親子揃っての銭湯、いいですよね!銭湯だからこその交流や学びの場にもなるといった話もよく聞きます。
お子さんも大きなお風呂でテンション上がってしまうのもわかりますが、小さなお子さんからは目を離さないように注意。
制限すぎるのも子供の為になりませんが、走ったり騒ぎすぎたりしないように注意しましょう。

 

銭湯でのマナー:まとめ

 

細かいところのマナーはまだまだありますが、
大切なのは「みんなで使う公共の場である」ということです。

マナー違反により、その場にいる周りの方が嫌な思いをしてしまうと、その銭湯自体のイメージも悪くなってしまいます。

日頃の疲れやリラックスできる空間としての銭湯を大切に、
みんなが気持ちよく使用できるよう気を付けることで、日本の古き良き銭湯文化がこれからも引き継がれていくのかなと思います。